エステサロン 雰囲気

エステサロンの雰囲気が重要

エステの雰囲気というのは、普段の生活ではなかなか味わえないものがあります。ゆったりとした空間で、時間も忘れてのんびりとできる、そんな空間づくりを大切にしているようです。
脱毛サロンなどは施術時間がどうしても長くなってしまうため、こうした時間を忘れる工夫もされています。今回はそういった「良い空間」のご紹介をしたいと思います。

 

シックな雰囲気で心を安らげる

 

大人の雰囲気が漂うサロンでは、壁などが黒や茶色などの少し暗めの色になり、照明もオレンジで柔らかく照らしてくれるところが多く、まるでキャンドルを灯したような雰囲気が味わえます。施術するためのベッドや、タオルなども色を統一して、空間に溶け込むことができるような気持がリラックスにつながります。身体を見せるという恥ずかしさが苦手な人は、こういった雰囲気のお店がいいでしょう。

 

逆に、白を基調として清潔感の溢れる明るい施術室を設けているサロンもあります。エステは細かなところまでやってほしいというようなサロン、特に脱毛などはしっかりと確認ができるようにこうした明るい部屋を作ります。多くの人が利用する場所ですので、こうした清潔感が溢れる場所だと安心して施術を受けることができるでしょう。

 

匂いもサービスのうち

 

エステに行くと、独特の匂いがすると思います。使っているハーブ化粧品の匂いであったり、お店で炊いているアロマの匂いだったりと、そのお店の色が見えてきます。基本的にはお客様を安心して落ち着かせるために、優しい香りがするのですが、人によってはその匂いが苦手だったりすることもあります。大きなサロンでは、匂いがあまりしない部屋を用意してくれたりもするようです。

 

行き届いた清掃

 

やはり肌を晒すところですので、使っているベッドやタオルなどが汚れていては集中することはできません。脱毛サロンになるとそうした汚れが気になってしまうものです。
そのため、たいていのサロンでは、タオルなどは消耗品として使い捨てにして、ベッドは毎回しっかりと消毒清掃を行うのが当たり前です。利用者の人からはなかなか見られない部分ではありますが、サロン側としてはこうした見えない所のケアを行う教育をしているお店がほとんどですので、安心して利用してください。

 

雰囲気でサロンを選ぶのもあり

 

いくら安くても雰囲気の悪いサロンにはいきたくないものです。お店の情報や、店内写真などをみるのもいいですが、実際にお店の中に入ってみて、説明を受けたり、お試し施術を受けたりしてみると、その雰囲気がすぐにわかると思います。